カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

資格試験奮闘日記
取得しようとしている資格についてのアレコレを書いていこうと思っています。
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心、忘れるべからず-3
2007/07/05 [Thu]11:58
category:資格
[雑談]
お子様がいらっしゃる家庭は、お気をつけあれ
「<浴槽用浮輪>バランス崩し、乳児おぼれる 死亡や重体も」
便利なものも、少し使い方を誤ると恐ろしいものになりますよ!

そして、ついにこんな記事を・・・
「安倍首相、消費税上げを示唆=荒井氏らと連携も」
別に税が上がってもいいと思うけど、
まず、あげる前にしなければならないことが山積みだと思うのは
自分だけなんだろうか?

[本文]
続きをご覧ください~。
3路スイッチについて記述しています。


今回は、3路スイッチ及び4路スイッチの説明です。

3路スイッチや4路スイッチは単独で使うことはなく
2個以上を組み合わせて使います
さらに言うと、4路スイッチは3路スイッチがなければ
使うことはありません。

それぞれのスイッチには番号がふってあり
3路スイッチの場合は、0番、1番、3番
4路スイッチの場合は、0番、1番、2番、3番
となっています

070705_1131~01-1.jpg


ちなみに、表から見たスイッチは
3路なのか4路なのか見分けれないので注意!

070705_1131~02.jpg


複線図は、3路スイッチだけの場合、こうなります
7-6.gif

スイッチを切り替えると1番と3番で切り替わり
通電される仕組みとなっています。
配線は、1番と1番、3番と3番で繋げます

4路スイッチを使用する場合は、間に追加します
7-6-5.gif

4路の場合は、=か×、つまり
「1番と3番、2番と4番が繋がる」か
「1番と4番、2番と3番で繋がる」ということになります。
配線は、図の通りです。

これらのスイッチを主に使う場所は、階段です。
1階にいるひとが、2階に上がるために1階で階段の電気をつけ
2階についたら、2階で階段の電気を消す。

ということは「2箇所のスイッチで入り切りする」
ということになります。

この「2箇所」というのがミソで
3箇所にしたい場合は、4路スイッチを1つ追加してあげれば
1階に3路、2階で4路、3回で3路スイッチを使い
「3箇所のスイッチで入り切りする」ということが可能になります。

さらに箇所を増やしたい場合は、
4路スイッチを増やしていけば、問題なくできます。
(何十階分でも理論的に可能です。)

ここまで理解できれば
これくらいの複線図は書けると思います

7-6-3.gif


7-6-4.gif


本日は、これにて終了です。
分からない点がありましたら、こちらがわかる範囲でお答えします。

それでは、また次回!
見てくれた方に感謝 (-人-)
スポンサーサイト


今回は、3路スイッチ及び4路スイッチの説明です。

3路スイッチや4路スイッチは単独で使うことはなく
2個以上を組み合わせて使います
さらに言うと、4路スイッチは3路スイッチがなければ
使うことはありません。

それぞれのスイッチには番号がふってあり
3路スイッチの場合は、0番、1番、3番
4路スイッチの場合は、0番、1番、2番、3番
となっています

070705_1131~01-1.jpg


ちなみに、表から見たスイッチは
3路なのか4路なのか見分けれないので注意!

070705_1131~02.jpg


複線図は、3路スイッチだけの場合、こうなります
7-6.gif

スイッチを切り替えると1番と3番で切り替わり
通電される仕組みとなっています。
配線は、1番と1番、3番と3番で繋げます

4路スイッチを使用する場合は、間に追加します
7-6-5.gif

4路の場合は、=か×、つまり
「1番と3番、2番と4番が繋がる」か
「1番と4番、2番と3番で繋がる」ということになります。
配線は、図の通りです。

これらのスイッチを主に使う場所は、階段です。
1階にいるひとが、2階に上がるために1階で階段の電気をつけ
2階についたら、2階で階段の電気を消す。

ということは「2箇所のスイッチで入り切りする」
ということになります。

この「2箇所」というのがミソで
3箇所にしたい場合は、4路スイッチを1つ追加してあげれば
1階に3路、2階で4路、3回で3路スイッチを使い
「3箇所のスイッチで入り切りする」ということが可能になります。

さらに箇所を増やしたい場合は、
4路スイッチを増やしていけば、問題なくできます。
(何十階分でも理論的に可能です。)

ここまで理解できれば
これくらいの複線図は書けると思います

7-6-3.gif


7-6-4.gif


本日は、これにて終了です。
分からない点がありましたら、こちらがわかる範囲でお答えします。

それでは、また次回!
見てくれた方に感謝 (-人-)
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://qualificationdiary.blog107.fc2.com/tb.php/14-1d33a65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。